日本中国伝統功夫研究会

日本中国伝統功夫研究会について

日本中国伝統功夫研究会について

当会の名称
 当会は、「日本中国伝統功夫研究会」といいます。
 この名称は、当会の名誉顧問である、中国伝統武術八卦掌第五代継承者 麻林城(ま りんじょう)老師が命名したものです。

活動の目的
 中国伝統八卦掌の鍛錬を通じ、心と体の健康を求め「天人合一」の境地を学ぶこと。

当会の主な活動
(1)中国伝統八卦掌の後継者育成
(2)八卦掌及び、中国伝統養生法の普及活動
(3)執筆、広報活動

中国伝統功夫について
 中国の伝統功夫とは、単に武術としての技術を指しているわけではなく、また単純な身体の鍛錬法でもありません。それは中国の歴史が生んだ智慧の結晶であり、中国伝統文化の体現でもあります。
 この“武文化”と呼ばれる中国伝統功夫の思想は、儒家の「中和」と「養気」思想、また道家の「専気致柔」(精気に集中し、形体を柔順にする)と「守静」(誠心誠意に心を静め、心魂を空明の境地に至らす)思想、そして仏家の「禅定」思想、これら中国三大思想を融合したものであり、高度な精神修練法とその体現を目的としています。

当会について l  ごあいさつ l  当会のあゆみ

教室のご案内

定期教室、イベント等で普及活動を行っています

学習用資料

中国伝統武術を学ぶための資料集

横山春光「手記」

会長 横山春光が等身大で綴るブログ

田中稜月「Social-Survivor」

代表 田中稜月が運営するブログ

ページのトップへ戻る